給料の前借り お金に困ったら

実は誰にでもある給料の前借りをしたい時

漫画や映画の中では、お金に困ったら給料の前借りをするシーンがあったとしても、現実的な世界ではそれを目撃することすら、そうはないものです。

会社に勤務しているサラリーマンや派遣社員が、給料の前借りを希望した場合に、勤務先の会社は応じるものなのか、不透明な部分はあります。

基本的にには労働基準法がありますから、市役所でお金を借りるのと比較してそういった法的なことも含めて理解をしておくことです。

労働基準法には、給料の前借りの方法について記載をしている文面があります。

これまで働いた分の対価を、会社が指定した支給日前に支払うというのが、労働基準法における給料の前借りになります。

ですから給料を受け取ってから働くことを前提として、その分を先渡しするといった意味ではないです。

働いた人の希望と会社との話し合いで合意があった場合でも、お金に困ったら、先に受け取り働くのは強制労働とも捉えることができますから、法律の上では労働基準法違反になるのです。

一般的には、これまで働いた分を給料日前に希望した場合はどうでしょう。

会社側としてはいくら社員が本気で希望をしても、絶対にそれに応じなければならない義務はありません。

ですからお金がない時の理由で前借りを希望して申し出たパターンへの対処としては、ここで会社側の裁量次第になってくるのです。

その日にすぐに給料の前借りができるパターンとは

本当に会社が、労働者の依頼に応じてお金に困った時に前借りに応じてくれるかも疑問です。

確かにこういったシチュエーションへの対処は会社しだいにはなるのですが、法律上で前借りに応じないといけないといった、法的に定められているパターンもあるのです。

勤務している労働者の家族や本人などの、おもってもいなかった怖い病気や事故での長期の入院が発生したとか、治療に高額な費用が発生するなどの給料で不足する緊急のケースもそうです。

労働者の奥さんが妊娠して出産するとか、労働者自身の出産の場合もあります。

お金に困ったらとざっくり言っても自然災害は予期しないものですが、マグニチュードの大きい地震や津波、雪外などの影響で家屋などにも大きく損失を受けてしまったり、社員の親族にどうしても必要な出費が急遽必要となった時など、さまざまな理由が挙げられます。

労働基準法第25条というのがありますから、労働者の出産とか度重なる病気、その他にも災害や厚生労働省令で定めている、さまざまな非常のケースでは、企業側はその前借りに応じるということが、法律によって義務化されているのです。

厚生労働省令定める非常の場合に関しては、会社で働く労働者が家族の生計を支えていて、その人が不意に亡くなってしまったとか、やむを得ない理由で7日間ほどの帰郷などの場合も含まれています。

ですから親戚などのお葬式や結婚式の参列といった理由であっても認められるということになります。

会社に給料の前借りをする制度はある?

金欠だとか浪費での個人的にある理由をもって、お金に困った時に会社への前借りを申請する方法もあります。

この時には対応は、毎日勤務する会社の裁量にかかっています。

会社への前借りを申請するときに、重要なポイントを押さえておくといいでしょう。

基本的にはこういった希望を申し出ることは誰にでもできますが、それを申し出した当日に許可されて、お金に困った時だとしても先に受け取ることができるかはわかりません。

会社の給料の先払いで実際に受け取ることができる金額には、制限があるということも知っておきましょう。

真面目に遅刻せずバイトすることで給料の前借りを勤務先にお願いして、法律で受け取ることが可能な額というのは、既往の仕事で得た文だけになります。

既に勤務して労働を提供した分だけ、お金がないその日数分であれば給料の前借りは合法でできるという方法です。

ですが、会社経営の方針はその雇用状態によっても異なりますから、考えられる条件によっては勤務した日数には関係なく、労働者の希望を聞いて必要金額を提案してくれるといったケースもあるかも知れないので、そこはケースバイケースです。

そうなってくると今度は、経営をしている個人と、労働者個人といった貸し借りとなることも考えられます。

給料の前借する際の書類や注意点

労働基準法で既に働いた分に関しては堂々と前借りが認められているので、要望があれば応じることが企業としては相応しい対応になります。

申請の書類については書式としては、金銭借用書がベストになります。

法律的に前借りしたものを給料と相殺することが禁じられているので、事前に天引きして支払うことができません。

通常通りに給料を振り込んでから前借り分を返済してもらう形になるので、金銭借用書が相応しくなります。

またお金がない理由で給料の前借を希望しているサラリーマンにとっては、いいにくい内容で出世に響くだけでなく社内の同僚の手間にもなるので、数万円ならできれば違う方法で資金調達を考えた方が良いでしょう。

水商売の女性のようなバンスという制度は頻繁にあるようですが、一般企業のサラリーマンで前借りをしたという口コミはネットでも少なく、皆さんは回避していると思われます。

本当にお金に困ったら【市役所でお金を借りる方法】


【関連記事】